辻村商店

各国の輸入品を格安でお届けしている辻村商店です|お届け送料無料

rss

HOME»  正規販売店と並行輸入販売店について

正規販売店と並行輸入販売店の違いについて

当店はメーカーとの正規販売代理店契約をとっていませんので並行輸入販売店となっています。

平行輸入販売店と正規販売店

※当店の独自解釈も混じっています。
(メーカーから直輸入すれば正規品ではないのか?という方もいます。当店はそう思っていませんので・・(そういうのは当店では純正品や○○国(輸入した国)の正規品と言っています。)

※平行輸入販売店の保証について
保証の方してくれるメーカーもありますが、基本的にはメーカー保証は適用されません。
(説明書が英語のままで内容分からず壊れた場合、保証してくれないからです。こちらで日本語説明文を作ったところでその証明をすることもまたできないためでもあります。)

正規販売代理店契約をし、メーカーで作成した日本語説明文ならメーカーも納得し保証することができるからです。


コピー製品について
これは、メーカーと全く関係のない工場がブランド品を模倣して生産しています。これがコピー製品となります。
主に、コピー製品製造工場は中国にあります。
安く販売、純正品の物と互換性がなかったりするのが特徴です。
輸入する場合、見極めがとても難しいのであらかじめ純正品を買い、見比べたり互換性が
あるかどうかのチェックをする必要性が出てきます。

日本での販売は犯罪となりますので注意が必要です。

商標登録されたブランドの偽物を販売すると、商標法に抵触する恐れがあります。
偽物であることを知りながら販売すれば、商標権を直接侵害する行為に当たり、
10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはその両方を科せられます(商標法78条)。
相手に本物だと偽って販売すれば、詐欺罪になります(刑法246条)。
詐欺罪の場合は、10年以下の懲役刑です。